/ たぶち正文の政策が聞けます! \

新元号  予想しても価値ないけど

    西暦2019年 今年4月30日をもって、今上天皇陛下は85歳のご高齢による体力低下を理由にご退位なさり、平成の時代が終わる。そして 5月1日から新元号が始まる。

   新元号が何か 大変 興味深い。
   いろいろと予想することは、「その予想が的中しないようにと製作者が配慮するためにいろんな予想を出さないで欲しい。」と言う噂が流れているが、まぁその予想が当たったからといって、新元号の価値が減るものでもないので、全く価値がないが、ちょっと新元号は何か予想してみたいと思う。
#1 まず、イニシャルが今までの元号と一致しないものが選ばれるだろう。
#2 次に 今上天皇が「平和」を強く希求なさっていることから、平和の「平」の時がまた入るだろう。日中15年戦争 大東和戦争 第二次世界大戦 あれだけの敗戦は日本史的には初めてのことだったので、「平」の文字が二代に渡って入るのは自然なことだろう。
   以上から 元号は 「○平 」となると予想される。これまで、そのような元号はどれくらいあったのであろうか?
   奈良時代の天平
   平安時代の承平 仁平 康平 寛平 
   室町 南北朝時代の 南朝の 正平
#3 始まりが濁音でない漢字
    迷信かもしれないが、言葉の濁りは世の濁りを連想するので、比較的に避けられるだろう
A I U E O K Gx Sx Zx Jx Tx Dx N Hx Mx Y R W
以上から 
A I U E O K N Y R W
となる。
#4 今までの言語でよく用いられている漢字
あまり 具体名は 思いつかないが 
永平 
寧平
継平
延平
建平
元平 
興平
嘉平
同平
文平
栄平
、、、、、
ま 、外れるでしょう!
    私としては 継平を 推したい。
   まず 継の字は 今上天皇 明仁陛下の幼名であること。そして、平和を継いでいくというメッセージがあり 、米中間に世界覇権を巡って暗雲立ち込める時代に、日本は平和を追い求めるという姿勢を世界にアピール出来る。