/ たぶち正文の政策が聞けます! \

無痛内視鏡は誇大広告ではない

   写真のようなお手紙が送られて来た。

FullSizeRender

医療法の改定に基づき、「無痛」という表現は 誇大なものなので 今後 使ってはいけない、使えば、医療機関をとりつぶすと書いてある。
    当院のウェブページには 無痛内視鏡と記載していて、まさに、今回の改定に該当。
    そこで昨日 当院で内視鏡を受けている患者さん30人に、私が行った内視鏡検査で痛みを感じたかどうか  尋ねたところ 全員 痛みが無かったと回答。
    真実を語ることは、誇大とは違う。
    しかし、よく読むと、省令は発布が遅れているとのこと。厚労省のお役人の中にも、良識のある人は多いはず。真実を誇大と言って 言葉狩りすることは、医療の発展 医療レベルの均てん化の方針に反し 国民のためにならないと思う。
    良識に反するヘンテコな省令を発布して  日本の医療レベルを下げないで欲しいものだ。