/ たぶち正文の政策が聞けます! \

わくわくしたのになんだか残念。「STAP細胞はありません」

  下記のごとく、各社マスコミが一斉に報じている内容は、理研の小保方さんの論文の中のSTAP細胞はES細胞だったということである。報道の内容から判断すると、理研の小保方さんの「玉」は詰み上がったようだ。遺伝子を解析しているので、おそらく、どの系統のどのマウスの細胞かも同定できているのであろう。

  ただ、ちょっと不思議なのは、STAP細胞の遺伝子データを公表した過程だ。もし、ねつ造を意図していたのなら、遺伝子データも捏造したはずである。どのような手順で誰が遺伝子データを公表したのか知りたいところだ。もう少し、詳しく報道してほしい。

  さて、一連の騒動から想像されるのは、「STAP細胞はありません」ということだ。小保方さんや理研が、自分たちの名誉と地位をかけて、これだけ、追い求めても、見つからないであるから、多分、ないのであろう。

 わくわくしたのに、なんだか残念である。

  胃潰瘍の治癒過程では、骨髄由来の幹細胞が治癒に動員されることが知られている。細胞が酸や機械的なストレスうけると、その細胞自身が脱分化して幹細胞になるのではなく、何か幹細胞に関連した因子、(たとえば、眠っている幹細胞を活性化させる因子や流血中の幹細胞を呼び寄せる因子)を出すのだろう。

STAP、ES細胞が混入か 染色体異常、研究員が指摘

朝日新聞デジタル 6月12日(木)21時4分配信

 理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーらがつくったとしているSTAP細胞について、理研統合生命医科学研究センター(横浜市)の遠藤高帆・上級研究員らが、別の万能細胞(ES細胞)だった疑いを指摘していることがわかった。理研改革委員会は会見で、STAP細胞はES細胞の可能性があるとの見方を示した。

 改革委の提言書には、遠藤氏らから聞き取った内容を記載。それによると、遠藤氏らがSTAP細胞として公表されている遺伝子データを解析したところ、8番目の染色体が3本ある「トリソミー」という異常があった。

   STAP細胞論文では、生後1週間のマウスからSTAP細胞をつくったとしているが、この異常があると通常生まれることができない。ES細胞を培養したときに、この異常が生じることが知られているという。

 また、STAP細胞からつくったとされる細胞も、同様の解析で、ES細胞などを混ぜたものの可能性が高いという。

 委員の塩見美喜子・東京大教授は「この結果は信憑(しんぴょう)性が高い。STAP細胞は、マウスからとってつくったのではなく、どこからか(ES細胞を)持ってきたのではないか」と述べた。

 東京大の菅野純夫教授(ゲノム制御医科学)は「意図的な混入の可能性が高いのではないか」と話している。

朝日新聞社

STAP論文で今度は「ES細胞の可能性」 ますます窮地に追い込まれる小保方氏

J-CASTニュース 6月12日(木)18時34分配信
理化学研究所の小保方晴子氏が論文で「STAP細胞」と発表したものは、そもそも違う細胞だったのではないか――。理研の研究員による解析から、このような疑義が浮かび上がってきたという。
   事実だとすれば、「STAP細胞はあります」と断言していた主張が根底から崩れ、小保方氏は絶体絶命となるだろう。

■「生きたマウス」には見られない染色体異常

 STAP細胞についてインターネット上に公開されている遺伝子データを解析したのは、理研上級研究員の遠藤高帆氏らのグループと東京大学の研究グループだ。2014年6月11日付の「日経サイエンス」電子版号外ほか複数の報道によると、データ解析により、ほぼすべての細胞に8番染色体が通常より1本多く3本ある「トリソミー」という異常があることが判明したという。

 問題は、8番染色体がトリソミーのマウスは胎児のうちに死亡し、生まれることがない点だ。小保方氏は論文で、生後1週間のマウスから取り出した細胞を酸性の溶液につけてSTAP細胞を作製したとしている。こうなると、分析結果と論文の内容は矛盾することとなる。

 気になるのは、「STAP細胞」とされたものの正体だ。可能性が高いのが、ES細胞(胚性幹細胞)だという。「8番トリソミー」は、実験に使うために培養されているES細胞の2~3割に見られる、「よくある事象」(日経サイエンスの記事)だそうだ。

 小保方氏は4月9日の会見で、報道陣から「STAP細胞はES細胞ではないかとの指摘もあるが」と問われ、研究期間中に実験室でES細胞は培養していなかったと否定した。だが今回の解析からは、小保方氏が示した作製法に沿うと、実験に使ったはずの「生きたマウス」には見られない染色体異常が起きていたことになる。どうやって細胞をつくったのか、謎が深まる。

 STAP細胞の遺伝子については、共同研究者の若山照彦・山梨大教授が3月の時点で疑問を提示していた。若山氏は小保方氏に、「129系統」というマウスを使ったSTAP細胞作製を依頼したが、その後渡された2種類の細胞を分析したところ、実際は「B6」「F1」という別の種類のマウス由来だったという。6月3日付の毎日新聞は、「これらの系統はES細胞の作製によく使われるため、ES細胞が混入した可能性が指摘されていた」と説明している。小保方氏は4月の会見の席上でこの点を問われたが、「若山先生と直接話していない」として回答を避けた。