/ たぶち正文の政策が聞けます! \

福島原発事故の原因

 昨日、銀座の細川さんの演説を聞いていて、ちょっと疑問に思ったことがある。
「福島原発事故の原因がわからないまま、再稼働するなんて言語道断・・・・」
福島原発事故の原因はほんとうに分かっていないのであろうか?

 
 福島原発と同じく、地震と津波に襲われながらも、大事故を起こさなかった原発がある。
女川原発である。なにが女川原発と福島原発の運命を分けたのか?

 東北の電気設備の会社の社長がたまたま、私の患者として、長年、私のクリニックに
通院している。彼に、この疑問を投げかけたところ、答えはすらすらと出てきた。

 原発は電源を喪失すると今回のようなメルトダウンという大事故にまでも結び付く。
電源を喪失しないことが大切なのだが、電源装置というのは重くて地下に置かざるを得ない。
昔、原発を造るにあたって、東北の科学者が、津波の恐れを、東北電力と東京電力に告げた。

 彼曰く、「このくらいの高さ(13m)まで津波が襲ってくる危険性がある。
電源装置が水につかれば大事故を引き起こす。(まさに、今回福島原発で起こったこと)
盛り土をして非常用電源装置を造ってほしい。」と

 さて、東北電力は、その意見をいれて、盛り土をして女川原発を造った。
しかし、東京電力はその意見を無視して、むしろ地盤を切り崩して、福島原発を造った。
それが今回の結果の違いに現れたという。今回の大地震で、女川原発では、地盤沈下を
起こしたため、津波にあとわずか50cmの高さまで迫られたが、あらかじめ、
盛り土をしていたおかげで、浸水せず、わずかに、電源喪失を免れた。
かたや、福島原発は科学者の意見を無視していたため、電源装置が水につかって機能しなくなり、
大事故となった。

 電設会社の社長は一息に説明した。

 科学を無視したこと、これが福島原発事故の本当の原因である。
権力者は、人の世を支配できるため、ときに、自然の法則すら変えられるのだと錯覚する。
昔の東京電力の経営者の方々の不遜な精神構造が、原発事故の本当の原因である。
文系の方々には、自然の法則を尊重してほしいものだ。

 ちなみに、津波の高さを指摘した科学者のお墓には、いまや、感謝の献花、お花が
絶えないそうである。