/ たぶち正文の政策が聞けます! \

木曜会の新年会

 今日は木曜会の新年の講演会と新年会があった。毎年恒例の池袋のメトロポリタンホテルに70人位が集まった。
 講演は、神戸低侵襲がん治療センターの藤井正彦先生。お話は、内視鏡のことかと思いきや、放射線治療のアップデイト。最新の放射線治療機械、IMRTによる治療の話であった。12月4日のがん撲滅の会での駒込の二瓶先生の話と同じであった。
 講演は1時間10分で終了して、午後8時20分から意見交換会。ここ数年御無沙汰していたので、よく知らなかったが、最近は皆勤賞なるものがあって、女子医の中村教授、病理の加藤洋先生をはじめ、合計4人が皆勤賞をもらっていた。なんだか、スポーツ少年団みたいだが、私も今年は皆勤賞を目指そう。
 乾杯の音頭は、名誉会長の竹本忠良先生であった。お話は10分ほどあり、大変長かったが、示唆に富む話であった。また、現会長の寺野先生と坂本先生が、互いに表彰し合っていた。寺野先生は「なんだか、出来レースみたいで、ははははは・・・」と照れていらっしゃったが、あんまり、おかしかったので、賞の名前がなにか忘れてしまった。寺野先生、坂本先生ごめんなさい。
 長廻先生も大井先生も星原先生もお元気そうで、何よりであった。
 ところで、この会のスポンサーはゼリヤ製薬。ご苦労様です。