/ たぶち正文の政策が聞けます! \

東京最弱部 はとバス視察研修会 朽ちている首都高速の基礎

 首都高羽田線は品川から鮫洲のあたりにかけて、約2kmで、海の上を走る。
 ここの作り方とか管理の仕方とか、首都高速の担当者から、説明を受けた。点検は5年に一回で、ここは特別2年に一回という話だった。根本的には作り替えの予定という。
 下の写真にあるように、H鋼がペンキを塗られて、海のすぐ上にあり、潮の満ち引きで海水につかり、朽ち落ちている。これで2年に一回の点検・・・・2年!大丈夫なのだろうか?それとも、私が説明を聞き間違えたのであろうか?
DSCF5565

DSCF5563


DSCF5564