/ たぶち正文の政策が聞けます! \

第回日本消化器内視鏡学会 東京高輪プリンスホテルで開催 学会会長は福島医科大 小原勝敏先生

 西暦2012年5月12日から、東京高輪で消化器内視鏡学会が開催された。いろんな分野が少しずつ進んでいた。ESDの分野では、カウンタートラクションの方法が各種工夫が報告されていた。

 画像の点では、富士フィルムのBLIシステムが発表されていた。FICEでは、NBIに対抗できないため、ついに、光源に2種のレーザー光を使う工夫を加えたのである。発表された画像は、FICEよりもNBIに近いものになっていて、一応成功していたように思えたが、実際使ってみないと真価はわからない。富士フィルムも以前はオリンパスと同じ面順次式を採用していて、最近装備された自動画像選択も ずっと以前には行っていたのであるが、1988年ごろに、CCDをパナソニックからソニーに替えて、面順次式から同時式に鞍替えした経緯がある。以来、光源はキセノンランプであったが、今回、24年ぶりに光源にレーザー光を採用して、光源システムに工夫を加えたのである。しかし、同時式の宿命で色飛びが起こるので、画素数を面順次式の 4倍ぐらい以上にしないと、NBIにはかなわないであろう。

 また、会長講演は、「食道・胃静脈瘤の止血方法 この30年間の進歩」であったが、結構わかりやすくて良い講演だった。講演の中で、胃静脈瘤からの出血を確実に止められる唯一の止血法(=アロンアルファを用いる止血法)が、まだ、社会保険収載されていなくて、 社会保険の下では出血は放置せざるをえないという現状には、改めて驚いた。


クリニックの案内・地図
(ポリープ切除付)無痛内視鏡消化管ドック田渕正文院長の履歴

田淵正文院長の業績消化器疾患について超音波による前立腺がん治療:HIFU | E-mail |

中目黒消化器クリニックの第2ホームページ| 職員募集