/ たぶち正文の政策が聞けます! \

不老不死の方法について(3)  臍帯幹細胞?

 ただし、他人のであれば、利用できる幼若な幹細胞はある。利用しやすいところでいえば、たとえば、臍帯の幹細胞である。臍帯はもともと捨ててしまうものである。白血球の型と赤血球の型が一致すれば、他人の幼若な細胞が、自然消滅した部分を補う可能性は高い。つまり、不老の可能性があるのである。

 以上の考え方から、広い世界の中には、既に研究をはじめているグループがある。彼らの報告によると、臍帯幹細胞は不老ばかりでなく、糖尿病、透析直前の腎不全、劇症肝炎、パーキンソン病、アルツハイマー病などにも有効例があるとのことだ。臍帯幹細胞投与は、以前から、白血病や先天性代謝疾患に、行われている。安全性については、多くの研究 ・臨床経験があり、利用しやすい。

 知り合いの中国の教授たちが臍帯幹細胞投与と各種疾患についての研究をしており、この治療法にご興味をお持ちのかたは、ご連絡ください。

 

クリニックの案内・地図(ポリープ切除付)無痛内視鏡消化管ドック田渕正文院長の履歴

田淵正文院長の業績消化器疾患について超音波による前立腺がん治療:HIFU | E-mail |

中目黒消化器クリニックの第2ホームページ| 職員募集