/ たぶち正文の政策が聞けます! \

「がんの罹患率と死亡率の激減を達成するには」日本癌学会シンポジウム 報告

     癌学会のこのシンポジウムは、6人の発表があった。第一話、富永先生の内容は、私が、予想したとおりであった。私が、このホームページで予想した内容よりは、禁煙にウエイトが置かれていて、ピロリ菌のウエイトは低かったが、ほぼ同じ内容であった。第二話は、杉村先生の話であった。杉村先生は、ご高齢で、スライドも使わず、べらんめい調の、よく言えば洒脱な、悪く言えば、乱暴な話し方であった。まず、たばこの値段が安いといって、もっと、諸外国並みに高くするべきと述べた。次に、胃癌検診について述べ、バリウム検診の技術レベルの低下について嘆いた。内視鏡検診の優位性などはよく認識なさっているようであったが、経済的な問題とか、いろいろと難しく、「何でもいいから、何か検診を受けてればよい。」などと、述べておられた。また、私は検診を受けているのに、妻は私が勧めても、検診を受けないとも、ぼやいていた。最後に、検診というのは学問だから、東大にでも、検診学という講座ができないものかと提案なされていた。データに基づいた話がなくて、真実を探求し政策に生かすという考えが希薄だと感じた。悪く言えば、御都合話であった。日本人の悪いところを凝集したような感じであった。情緒的、場当たり的、非分析的、八方美人的、秘密主義的・・・。やっぱり、これでは癌との戦争には勝てない。日本は東条英機で大東亜戦争、太平洋戦争、第二次世界大戦に負けた。

  残りの4人のうち一人は、厚生労働省前医療政策局長、中島先生であった。中島先生は、つい最近別の部局に移られており、「前」の肩書きが付いたそうである。物腰が官僚特有の柔らかさであった。ちょっと疲れた感じの話し方であった。彼は主に、先の国会で採択された癌対策基本法をまとめられた経緯から、その紹介とその取り組みについて述べた。聞いていると、すべてはがんセンターを中心として、厚生労働省が仕切る、「がん行政は全体主義で行くぞ」という感じであった。癌診療を経済的に安く上げ、「臨終のときは自宅で。」とのことである。癌で死にたくない、癌になったら最善の医療をうけたいという、国民の願いが、法案の始まりであったはずが、いつの間にか、政府財政を守るためにがん患者の医療サービスを切り捨てるという内容に、すり替わっていた。いまの政府は財政事情から老人を捨てたいのである。癌が治せる医師は、がんセンターの中にいるだけではないのに、経済的理由から、実質的には、拠点病院でのみ先進的癌化学療法を許すつもりらしい。全体主義はリーダーが大事である。リーダーがよければ、最も早く効率的な組織となるが、リーダーが悪ければ、インパール作戦のように、兵隊は無駄死にするばかりである。癌との戦いに勝利するには、戦略的、科学的、論理的、合理的な優秀なリーダーが必要であろう !

 

 インパール作戦:第二次世界大戦、中国との戦争、中盤において、苦戦を強いられた日本軍が、戦局打開のため採った作戦。中国軍の武器補給路を絶ち、戦局を有利に展開しようと考えた。海沿いを日本軍に押さえられた中国軍の武器補給路は、イギリスの支配するインドからビルマ(現在のミャンマー)を経る陸路であった。日本軍は、中立国であったタイから、ミャンマーに攻め込んだが、イギリス軍と遭遇する前に、多くの兵隊がマラリアで死亡。作戦は惨憺たる結果であった。タイの熱帯医学研究所を訪れたとき、マラリアの多発地帯の話になった。タイの教授いわく、「なぜ、日本軍は、タイでも有名なマラリアの多発地帯・浸淫地に大事な将兵を送り込んだのか、理解に苦しむ」と。タイとミャンマーの間の森は、マラリアの多発地帯・浸淫地であったのである。泰緬鉄道は日本人の無知と傲慢と失敗を示す象徴なのだ。実は、この作戦、昭和天皇自らの発案という話。天皇を支える有能な参謀がいなかったのが残念である。