/ たぶち正文の政策が聞けます! \

MONTH

2017年10月

第25回ヨーロッパ消化器病週間に参加

1998年9月にウィーンで開催されたヨーロッパ消化器週間に参加して以来 20年連続してヨーロッパ消化器週間に参加しています。今年は一昨年と同じバルセロナの開催です。約13000人の参加でアジア系は 2割ぐらいだそうです。国別では日本は4位でした。今年も元気で参加できてよかったです。 日本ではまだ聞かない ちょっとした工夫とか、新薬とか、新しい治療法とか、色々あります。面白いですね。

カタルーニャ議会が独立宣言を可決 本当にバルセロナは安全か?

    2017年10月27日午後に、スペインの一州であるカタルーニャ議会がスペインからの独立宣言を可決した。スペイン中央政府は、独立宣言は無効として独立を認めないと対抗。ヨーロッパ消化器病週間は奇くも明日から始まる。     私はイタリアのトスカーナで野暮用を済ませて、これから カタルーニャの州都バルセロナに飛ぶのであるが、治安が心配だ […]

希望の党は完敗?失敗は成功の種、次回は勝ちましょう

#kibounotou #希望の党 #日本に希望を #東京比例区 #たぶち正文     今回の衆議院選挙で 希望の党は 思っていたほど伸びませんでした。残念です。57議席が49議席となりました。当初の「天下を取る」勢いからいえば、完敗といえます。しかし、得票数を見ていると 「情報隠し」の安倍政治を否定する勢力は、首都圏では過半数を超えていました。希望の党と立 […]

私が実現したい医療関連政策 その3 医療を守る

1)国民の健康を守っている医療を守る      現状では、医師の無賃金勤務が実態として存在しています。 また一方で、大病院でも日進月歩の医療機器が必ずしも使用できていません。 このような問題に対処するために診療報酬の切上げによる医療体制の整備をおこないます。医師の無賃金勤務を解消して、医療機器の最新化を図ります。     その一 […]

私が実現したい医療関連政策 その2 タバコ政策の国際標準化

1)タバコ政策の国際標準化  タバコ税は、国の一般財源になるのではなく、財務省の特別会計に 入るのをご存じだったでしょうか。 財務官僚は、タバコ関係の企業に天下りしています。 このような「しがらみ政治」のために、タバコ政策は、国際基準と は大きくかけ離れて遅れているのが日本の現状です。  これを、国民ファーストの制度に改めます。 まず、受動喫煙防止法案を国会で可決成立して、受動 […]

私が実現したい医療関連政策 その1 がん撲滅

1)がん撲滅    皆さん ご存じでしょうか?今、日本では、年間100万人もの人々が新たに癌を患い、年間37万 人もの方が癌で死んでいっています。そして、その数は益々増えています。それは、老人が増えているからだけでなく、小林真央さんが若くして乳癌でお亡くなりになったように、若い人も癌で死んでいるのです。がん死亡の平均年齢は66歳です。    国民が元気でいき […]

JDDW2017 福岡に参加

10月12日から14日まで 福岡で開かれたJDDW2017 に参加してきた。 いろいろと新しいことがあった。中でも私が注目したのは、膵臓癌の予後の改善である。膵臓がんに 大腸癌と同じような 化学療法を用いると 大幅に生存期間が延びて 予後も改善することが 報告されていた。かつて膵臓がんといえば一年経たずにほとんど死んでいたが、大腸癌に準ずる化学療法で、長期生存も20-30%ぐらいの値が出 […]

衆議院選挙東京比例区 出馬への思い

私は、2013年、がん撲滅の志に燃えて、「自民党健康増進支部長」  兼 「自民党がん撲滅専門アドバイザー」に就任しました。それから3年間、二階派に参与として参加して、政治を学んできました。なぜ、そうしたかというと、医療は政治と密接に結びついているこ とを、長年、医療に携わるうちに、身にしみて思い知らされたから です。 この20年、ピロリ菌治療の保険採用が遅れたため、死なずにすん だ約60-70万人 […]

衆議院比例区(東京ブロック)に希望の党から立候補

  このたびの衆議院比例区(東京ブロック)に希望の党から、立候補しました。 2013年から、自民党の健康増進支部長として活動してまいりましたが、思うところあって、今回は希望の党から、立候補しました。  わたしが政治を志した一番の目的は、「がんを減らすこと・国民の健康を守ること」でした。    医学が進歩しても、政治的な制度が整わなければ、医師は国民を救うことができません。医学の […]