/ たぶち正文の政策が聞けます! \

MONTH

2014年7月

本日放映のNHK杯戦、阿久津八段、増田六段の勝負手に受け違えて、頓死

 問題の局面は以下の図面である。6六の歩を突き出して、王手をしたところだ。さて、後手の最善手は?  実戦は同桂と間違えたために、7五角、同玉、7六歩、6四玉、7五金、5四玉、5二竜まで、後手玉は頓死して、先手の勝ちとなった。 局後の感想戦で、阿久津八段は「ここで玉がよっていれば勝っていた」とつぶやいていたが、それは、8五角、同桂、7二竜、7三歩、7五歩、8四玉、7四金、同歩、同竜、9五玉、9六歩で […]