/ たぶち正文の政策が聞けます! \

MONTH

2013年11月

第277回川崎医学講演会で「高額薬剤と国家財政問題の解決策」を講演

抄録 グリベックを皮切りに、分子標的薬剤が数多く開発されて、広く臨床応用される時代となった。分子標的薬剤は、そのほとんどが海外で開発されたものであり、高額である。近年のそれらの輸入金額は年間約1.6兆円にのぼっている。そして、今後もその金額の増大が予想されている。一方、国と地方自治体などの行政組織が有する昨年度の債権の総金額は1108兆円である。その、返済と利子払いの合計額は、年間84兆円になって […]

第1回「がん撲滅の会」講演会のお知らせ

第1回「がん撲滅の会」講演会のお知らせ 趣旨  近年、日本における新規がん罹患者数は推計年間83万人、死亡者数は年間36万人、多くの人々が苦しんでいる癌を克服することは、急務の国家的課題です。どういう原因で、癌が発生してくるか、どうすれば、癌の発生を防げるか、効果的治療はなにか、がん患者を減らすには、どのような政策をとればよいか、などなどについて、長年の臨床と最新の研究成果をもとに、皆様とともに議 […]

豊島区倫理法人会で早朝講演

 今日は、朝、6:30から豊島区倫理法人会に参加して、約1時間講演した。  講演内容は、「最新のがん予防」。途中からスライドなしで講演したのであるが、大変反応が良かった。 講演後、37人の参加者のうち、20人から名刺をいただいた。  スライドなしで目を見ながら、一生懸命話したのがよかったようだ。  ちなみに、行きは、山の手通りの下の高速をつかって、わずか15分で中目黒から、池袋駅前までについたので […]

出版記念講演会・パーティのお知らせ

 今年も、あと55日。秋も深まって、東京では午後5時でもう暗くなります。朝晩はすっかり冷え込むようになりました。さて、今年8月に「がん撲滅」を目的に出版した、拙書「私は<「癌で亡くなる方の2人に1人は救えた!>と考えています」の出版記念講演会・パーティを開催する運びとなりました。         日時 平成25年12月4日(水)  17:00より  […]