/ たぶち正文の政策が聞けます! \

MONTH

2007年4月

第93回日本消化器病学会総会報告 EMRとESDのすみわけ

 4月19日から21日まで、青森県の青森市で、弘前大学第一内科教授 棟方昭博会長のもとで第93回日本消化器病学会総会が開催された。  小さな町で、宿泊施設と飛行機便を確保するのにかなり苦労した。結局、行きは陸路新幹線となり、前日は八戸に一泊して、学会初日に青森市に乗り込んだ。  学会では、多くの時間を、「ESDとEMRのすみわけ」というテーマに費やしていた。    ESDはEMRに比べて、切除範囲 […]

日本内科学会報告 1)三谷絹子教授 2) 驚いた鳥インフルエンザ(H5N1)の実態 3)因縁、札幌医大のaberrant crypt foci-adenoma-carcinoma sequence theory 

 ちょっと遅くなったが、報告しておく。4月4日から4月6日まで、大阪の国際会議場で日本内科学会が開かれた。内科学会は、内科の各分野でのエキスパートが時の話題を講演するという形で行われている。今回の講演は約34個あった。私が拝聴したのは33個。  血液分野の講演は、同級生の並木絹子さん、改め、三谷絹子独協医大教授の、「白血病の分子病態と分子標的療法」であった。内容は、慢性骨髄性白血病に対するグリベッ […]