/ たぶち正文の政策が聞けます! \

MONTH

2006年9月

「がんの罹患率と死亡率の激減を達成するには」第2話 がん検診を含めてがん問題全般 その1 がん検診

  私は4年前から、内視鏡診断を中心に、東大の医学部学生を相手に講義を担当している。その際、必ず教えるのが、がん検診の問題である。   1) バリウムによる上部消化管検査では、食道癌は助けられない。食道癌は凹凸が出ると、粘膜下(SM)浸潤している。sm癌の5年生存率は40%以下である。したがって、食道癌を100%助けようと思えば、粘膜内に留まるうちに見つけなくてはならない。 ところが、粘膜内の癌は […]

「がんの罹患率と死亡率の激減を達成するには」第1話 がんにならないためには その3 多重がん

  大腸癌に罹った人は、胃癌を併発しやすく、胃癌に罹った人は、大腸癌をよく併発する。だから、大腸癌の手術前には、上部内視鏡検査を行い、逆に、胃癌の手術前には大腸内視鏡検査を行って、大腸癌の併発がないか調べるのである。大腸に腺腫(前癌病変)がある人は、大腸腺腫がない人に比べて、大腸に限らず、全身どこの癌も発生しやすい。一回癌になった人は、しばらくすると 、その他の場所にも癌が出やすい。したがって、癌 […]

「がんの罹患率と死亡率の激減を達成するには」第1話 がんにならないためには その2 感染症

  感染症を契機として、発癌の危険が高まることが報告されている主なものは以下のとおり。感染していなければ、該当する癌の発生リスクは極めて低い。不幸にして、すでに感染している場合は、治療できるものは、発がん予防として、治療しておくべきである。   感染経路 予防ワクチン 感染の治療法 特徴 1.ピロリ菌(胃癌)。詳細のページ 土、土に接した飲食物、患者の胃液 × ○ 現在、治療技術が確立されているの […]

「がんの罹患率と死亡率の激減を達成するには」第1話 がんにならないためには その1 生活習慣

 「がんの罹患率と死亡率の激減を達成するには」は、第3次対がん10か年総合戦略の標語である。9月27日から横浜のパシフィコ横浜で開かれる、日本癌学会学術総会で、この標語についてのパネルディスカッションが28日午後から開催される。癌の死亡者数は、毎年増加しており、男性の2人に1人、女性の3人に1人が癌に罹患し、約33万人が、癌で死ぬ時代に、癌をいかに克服して行くかは、緊急の課題なのである。パネルディ […]