/ たぶち正文の政策が聞けます! \

MONTH

2006年8月

内視鏡的噴門部形成術に成功

 昨年から、オリジナルに開発した、針糸を使わない、内視鏡的噴門部形成術に、また一例成功した。難治性の逆流性食道炎で、PPIとH2ブロッカーを同時投与しても治らなかった患者に、この内視鏡的噴門部形成術を用いたところ、噴門部(胃の入り口、食道と胃の境目)が細くなり、食道の慢性難治性潰瘍がきれいに消失した。難治性の逆流性食道炎にお悩みの方は、ご相談ください。詳細は2005/07/24の項へ、こちらをクリ […]

王貞治監督、 慶応大学病院を退院する

 王監督の病状は、胃上部の前壁に、約5cm大の癌があり、腹腔鏡手術をしたところ、リンパ節転移が1つ認められたと報道された。医療関係の報道はプライバシーのため、ときにゆがむので、報道が正しいかどうかは不明だが、この報道は専門家にとって、いくつかの疑問が残るものであった。胃体部上部前壁の癌で5cmといえば、普通は進行癌である。つまり、癌は筋肉層以下に浸潤していて、転移のリスクの高い状態である。術前にリ […]