/ たぶち正文の政策が聞けます! \

MONTH

2005年7月

内視鏡的噴門部形成術、安全なオリジナル手術法を開発。

 逆流性食道炎が国民病である、米国では、胃液の食道への逆流を防ぐための噴門部形成術が盛んである。(噴門部とは胃の入り口のこと)。薬が自費の米国では、薬を長期にわたって服用続けるのは経済的負担が大きいという裏事情もあり、噴門部形成術の価格は70万円ぐらいと聞いている。(米国では、薬代が原則すべて自費で月約2-4万円かかり、内視鏡検査は一流の内視鏡医に頼むと診断だけで27万円相当ぐらいもかかる為、患者 […]

第二回芳医会で陥凹型大腸癌の講演をしてきました

 2005/07/16に、第二回芳医会が岡山で開かれました。芳医会とは、私の母校である岡山芳泉高校を卒業した医師の会です。専門分野を超えての情報交換と同窓生の親睦を目的としています。今回は、第一期の卒業生である私に講演のお鉢が回ってきて、「陥凹型早期大腸癌」について約90分、講演しました。要旨は、「陥凹型早期大腸癌は、発見しづらく転移の早い癌で、臨床的に重要である」ということでした。質問も多く、結 […]