/ たぶち正文の政策が聞けます! \

MONTH

2005年3月

原因不明の腹痛や血便・下痢の原因は小腸にあることが多い

腹痛や血便で来た患者に対しては、上部内視鏡検査(俗に胃カメラ)と大腸内視鏡検査を行うのが一般的です。小腸は検査の難しい臓器でしたから、一般的に症状がかなりひどくないと検査しないものでした。しかし、胃カメラや大腸内視鏡検査だけでは診断のつかないこともあります。昨日述べたように、全小腸内視鏡のできるカプセル内視鏡やダブルバルーン小腸内視鏡が開発されて、全小腸の検索や処置ができるようになって、原因不明と […]

カプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡の開発で可能となった全小腸内視鏡検査

小腸は長さ約5mないし7m、直径1.5cmないし2.5cmの細長い管状の臓器です。2000年以前は、すべての小腸の内側を見ることは、テクニカル的になかなか難しいことでした。ですから、我々専門家は、そのころ、小腸のことを暗黒大陸と呼んでいました。2001年ごろに、カプセル内視鏡が開発されて、全小腸を容易に観察できるようになりました。(ちなみに、主要国の中でカプセル内視鏡が政府に認可されていないのは、 […]